利尻山東北稜

連休は利尻山東北稜に行ってきました。
一番心配だったのがお天気。しかし停滞1日のみで見事なコンディションを引き当てることができました!
利尻山の神様に感謝です!

DSC04656
初日は曇り→晴れ。
下部はずっとガスっていました。

DSC04673
三本槍付近。この辺りもガスで幻想的。

DSC04681
1320m付近にテント設営後、ガスが一気に取れてきました。
夕方は見事な影利尻富士!

DSC04693
そして見事な地形!

DSC04698
2日目のご来光も見事でした!

DSC04711
海をバックにこんな山のぼりができるのは、利尻ならでは!

DSC04718
東北稜の懸垂下降

DSC04723
ロウソク岩を振り返る。あとは雪壁を詰めるだけ。

DSC04730
見事な山頂!

DSC04739
登ってきた東北稜。
この谷を、佐々木大輔は滑ったのか!偉大だ。

DSC04745
北稜下降中。

長い日程を確保して、登山は2日間。
しかしここの登山は、予定通りに行くことの方が稀なので、本当に運が良かったと思います。
今度は厳冬期に来てみたいと思いました。

久しぶりに妙義へ

2日間、久しぶりに妙義山に行ってきました。
本当は南アルプス方面の予定でしたが、やたら気温が高いのと水曜日の予報が不確実なので、急遽転進です。
お宿の東雲館のご主人のアドバイスもあって、初日は麻苧の滝〜御岳〜丁須の頭〜国民宿舎、2日目に表妙義を縦走しました。
初日はドピーカン、2日目は雲の中となかなかいいコンディションに恵まれました。

th_DSC04598

ここも新緑が美しく迎えてくれました!

th_DSC04610

妙義はひとつひとつの景観がとても印象的です。
昔の地図を片手に、今は誰も通らないようなルートもそのうち開拓していきたいなあ。

th_DSC04623

桜は終わりましたが、山の中はミョウギコザクラがちょうど見頃でした。

th_DSC04637

鷹戻しは相変わらずの高度感。
ガスのおかげで幻想的な雰囲気でした。

妙義は日本の山の奥深い一面を見せてくれる場所だと思います。
常に車の音や工場の音が聞こえる里山でありながら、槍穂高の稜線に勝るとも劣らない岩稜となっています。
手軽に行くことができるけど、気軽に登れない。
山梨からは遠く、何度も行ったことがない場所ではありますが、行くたびにもっとこの山を知りたくなります。

チームシェルパ トークショー!

昨日はご近所のTeam Sherpaで、シェルパ斉藤さん、イラストレーターの鈴木みきさん、花谷の3名でのトークショーをやらせていただきました。三人とも北杜市高根町に在住の超ご近所ですが、実はめったに顔を合わせることもなく・・・久しぶりにお二人にお会いしました(笑)

参加人数はスタッフ入れて総勢100名超!様々な料理の出店もあり、とても賑やかなお祭りとなりました。

夜も更けた21時頃から始まったトークショーでは、ちょうどネパールの大地震から明日で一年(ネパールの暦の上では、今日で一年だそうです!)ということで、三人三様のネパールへの思い、これからのことなどを話しました。
本当はこの場に谷口けいちゃんもいるはずだったんだけどなあ。。。

熊本地震のチャリティーオークションでは、たくさんの方々にご協力をいただき、花谷の出品分からは43000円の売上がありました。これに少しですが気持ちを加えさせていただき、合計5万円を近日中にリリースされるパタゴニア日本支社の支援プログラムに寄付させていただきます。

そしてオークションとは別にいただいたカンパにつきましては、ヒマラヤキャンプの活動費として使用させていただくことにしました。

ありがとうございました。この場をお借りしてご報告いたします。

th_IMGP2890

th_IMGP2902

th_IMGP2906

ページのトップへ