米子不動 2日目

2日目は印象的で美しいラインを登ることができた。
IMG_6108.jpg

この写真さえあれば、多くを語る必要はないだろう。
それはまさに岩に食い込んだ氷のライン。
これを登らない手はない。
IMG_5976.jpg
場所はカチカチ山の右。
1ピッチ目は3級程度のトラバース。
2ピッチ目がこのルートで一番美しい部分だ。
P1180052.jpg

昨日はおいしいピッチを登らせてもらったので、今日はパートナーが登る。
出だしは細い氷。
慎重にかつ大胆に登るパートナーがかっこよかった。
抜け口で気合の声が出る。
かなりデリケートな部分をこなしても、まだ先は続く。
根元まで入りきらないスクリューの連続で、彼はルートを伸ばして行った。
極限まで集中しているのが分かる。
P1180054.jpg

傾斜の強い部分が終わって、彼の姿が見えなくなって初めてこちらも落ち着いた。
ナイスクライミング!
3ピッチ目は長い氷のピッチ。
IMG_6048.jpg

傾斜はそれほどでもないが、ほぼ50mをフルに使った。
登っている途中に2度不動滝が崩落。
思わず自分の頭上にあるツララを見上げる。
落ちるな、よ。。。
終了点で思わず歓喜の雄たけびを上げてしまう。
氷のラインは一期一会。
同じルートでも、日が違えばその内容も違ってくる。
今回は期せずして2本とも味のあるラインを登ることができた。
スポーツクライミングと比べると派手さはない。
登る様もゆっくりだ。
しかし、ビレイをしていると時々パートナーの顔が見える。
その表情はまさに真剣勝負をしている顔である。
そんな顔をして登っているパートナーのクライミングは、他のどんなクライミングよりもかっこいいと感じた。

ページのトップへ