槍穂高主稜線縦走

8月最初のガイドは、槍穂高主稜線でした。
親子での登山のサポートをさせていただきました。

あいにくの天気予報でしたが、予定通り出発。
天候に合わせてムリをしない行動をしましたが、できるだけ早出を心がけて確実に進むことができました。

新穂高温泉の深山荘で前泊。
温泉でリラックスして登山に備えることにしました。

初日は槍ヶ岳山荘まで。
天候はあいにくでしたが、雨に濡れることなく小屋にたどり着きました。
夕方、一瞬の晴れ間を狙って登頂もできました。

DSCF0925.JPG

雷鳥の親子
あちらこちらでみかけました。ガスの中にいることが多かった4日間でした。

DSCF0933.JPG

大キレットの途中
視界はあまりよくありませんでしたが、雨が降り出す前に北穂に抜けました。
この日は穂高岳山荘まで進む予定でしたが、北穂に着いた時に雨が降り始めました。
北穂から先も危険箇所が続くため、この日は北穂高小屋で宿泊することにしました。

DSCF0953.JPG

北穂の夜メニューは何と生ハム!
食事やきれいなお部屋、おいしいコーヒー・・・相変わらず素晴しいホスピタリティーでした。
宿泊者はこの日30人ほどでしたが、
「出発して行った人みんなが満ち足りた表情をしていた」というお客様の話が印象的でした。

DSCF0957.JPG

4日間で唯一見ることができた日の出。
北穂のテラスから拝むことができました。

DSCF0966.JPG

ガスの中の滝谷
このあと縦走路で滑落事故があって、レスキューの間は現場の行き来ができなくなりました。
遭難者が無事に救助されてよかったです。

DSCF0977.JPG

奥穂に登る途中にて
越えて来た山々が、一瞬だけ顔をのぞかせてくれました。

DSCF0987.JPG

奥穂高岳山頂より
下山は吊尾根〜重太郎新道を使いました。
この日が一番天気がよく、夏山らしいジリジリとした日差しがなぜがうれしかったです。
上高地から下山後は新穂高に戻って温泉で4日間の垢を落としました。
山から下りて入る温泉ってやっぱりいいですね!

ページのトップへ