パタゴニア通信vol.2

今回はエル・チャルテンという街をベースに登山をしています。

ここには多くのパックパッカー、トレッカー、そしてクライマーで賑わっています。
僕らがここに着いたときはとてもいい天気で、毎日のように山が見えました。
でもそんな天気は本当に稀で、風が強かったり時には雨が降ったり。。。
頻繁に山に入れるわけではありません。

そんな飢えたクライマーを癒してくれるのがボルダー!

ここはボルダリング天国でもあります。

町のはずれにもボルダーはたくさんあって、それこそ徒歩30分圏内にたくさんの岩が転がっています。
ということで、完全レスト日以外は忙しいのであります。

チャルテンに着いたその日もまた次の日も・・・

ボルダーに通う日々が続けば続くほど天気が悪いということだけど、
これはこれで楽しいからまあいいか。

ちなみに山の中に入るとこんなもんじゃなくて、それこそ数えきれないほどの岩が転がっています・・・

パタゴニア万歳!

ページのトップへ