尾白川アイスエリアと八ヶ岳

続けて週末のお山の報告。

この週末は、土曜日から日曜日午前中にかけての気象データが、稜線での行動の困難さを示していました。
そこで予定していた行動を前日夜に変更してのガイドとなりました。

初日は標高が低いエリアでアイスクライミング。

th_DSC01291

貸し切りの松竹梅でした。

2日目は微妙な予報。
午後になると高気圧圏内に入って風は落ち着くと思われましたが、どのタイミングになるかは行ってみなければわからない。
お客様と相談して、その場の判断で良い(敗退の判断も勉強になる)とのことで、敗退も視野に入れた行動となりました。
赤岳鉱泉に着いた頃、稜線を目指したパーティーが続々と下山をしてきました。
そんな敗退ムードが漂う中、出発。まだ可能性はあると思っていました。目指すは小同心。

th_DSC01302

大同心稜の森林限界付近。
風が明らかに弱くなってきているので、そのまま進むことに。

th_DSC01305

少し風はありあしたが、快適なクライミングを楽しむことができました。

th_DSC01323

稜線では素晴らしい景色が。
山のご機嫌に合わせて、楽しくクライミングができました。

ページのトップへ