2011アラスカ報告書(信大バージョン)

先日信州大学山岳会の総会が開催された時に、春に行ったアラスカ遠征の報告もいたしました。
その時に作成した報告書のPDFがこちらです。

2011アラスカ報告書
(PDFファイルおよそ2M)

前半が谷口、大木ペアのカヒルトナ氷河でのクライミング、
そして学生も加わって登ったデナリウエストバットレス、
最後に谷口、花谷ペアでトライしたカヒルトナピークス縦走と続きます。

すでに岳人等でけいちゃんが書いた文章を掲載してもらいましたが、
今回は書き手がすべて信大メンバーとなっています。

ぜひご覧ください。

無事にBCまで戻ってきました

アラスカより連絡が入りました。

ルート上で悪天につかまり、残念ながら途中敗退となりました。

カヒルトナピークは越えたものの、カシンリッジに取り付くことは
できませんでした。

天候が回復したため氷河へ下降し、現在はBCまで戻ってきています。

ご心配おかけしましたが、体調等にも問題ないとのことです。

いよいよ出発

6月10日、朝8時頃(日本時間)に現地より連絡が入りました。

天気が安定してきたことから、いよいよアタックに向かうとのことです。

天気次第ですが、1週間の予定です。

無事の登頂と下山を祈るばかりです。

ページのトップへ