春の便り♪

image

春の便り

神戸の知人から春の便りが届きました!

いかなごのくぎ煮です。
神戸に住んでいる頃は、この時期になると、母親が魚屋さんに予約したり並んだりして新鮮ないかなごを買い求めてました。鮮度勝負らしいです。家中いっぱいに甘辛いにおいが漂っていたのを思い出します。

神戸から離れた後は、こうやって知人から突然届く春の便りを楽しんでいます。

まだまだ寒い日も多いですが、こうやって少しずつ春の気配が感じられるようになりましたね♪

野田くんありがとう。

野田くんありがとう。ちょっと早すぎたけどね。。。

鹿島槍ヶ岳で遭難した野田くんを偲ぶ会がありました。
でも偲ぶ会はしんみりしすぎてるので、またな!野田くん!という感じの会になりました。
彼が不運にも片目を失明した時、真剣に相談をされてたくさん話をしたのを覚えています。
昨年はピオレドール・アジアを一緒に受賞できて、いつかは野田くんと大きな山に行きたいなあ、と思っていた矢先でした。

本当に残念でなりません。

下山報告と大雪経過

ブログでは入山したままだったので、心配して連絡をいただいてしまいました。報告が遅くなってすみません。無事に下山しています。
大雪の予報が出ていたので、元々の登山日数もあまりなく入山3日目に下山しました。

th_R0015458

th_R0015495

結果として(正直ここまで大事になるとは思ってませんでしたが・・・)、冷静な判断ができてよかったです。
また来シーズンチャレンジです。

さて、そんなことよりもこの大雪。
住んでいる山梨県北杜市でも例外ではありません。ちょっと甘く見てました。

th_R0015523

降り始めは14日。午前中は買い出しに出かけられました。その時点で交通事故多発。午後はさらに降り続き、夕方までに一度雪かき。
夕方の時点で先週の大雪と同じ積雪になった甲府。予報ではその後24時間で盆地は30センチ、山地で50センチとのこと。ただ明らかにそんな量では済まされそうにない雰囲気と手元の気象データ。
深夜0時頃、すでに手に負えない状況。そして翌朝はこの有り様。

th_R0015526

山でも一晩で1m積もるなんてめったにないこと。
それが人がいる街で起こった事実。
15日は丸一日雪かき。そして先のことを考えてスノーシューで最寄りのコンビニまで買い出し。まだこの時点では商品は豊富にありました。

一夜明けて今日。

th_R0015572

普段なら車が通る道も、八ヶ岳に伸びる1本の登山道のよう。だいぶん雪は沈んだけど、ツボ足だとしっかり太ももまであります。

th_R0015573

田舎とはいえ、比較的町中な我が家は、徐々に道路の除雪がされています。しかし車が出せたところでどこにも行けるわけではなく、今日はシャベル持って徒歩で近所をパトロール。ここで標高700mなので、まだマシな方。1000m以上にある別荘地やおとなりの富士見町に住む友人に連絡をとったところ、完全に孤立状態とのこと。

いわゆる陸の孤島ですが、情報があまりないので、どうなっているのかよく分からないというのが現状。うかつに出歩くこともできないけど、高速道路も一般道路も鉄道もストップしてて、物流が止まってます。幸い我が家は備蓄がありますが、これからどんどん色んなものが不足するのではないかと危惧してます。

さらに気がかりなのが今週半ばの南岸低気圧。
手元のデータでは今回ほどの大雪にはならない、はずなんですが、雪になることはほぼ間違い無さそう。
今回ばかりはハズレてほしい・・・です。

ページのトップへ