ワスカラン3日目

3日目
この日はほとんど写真がありません。。。
2時間ごろテントを出る。風は強いが、行動できないほどではない。
まずはいやらしいセラック帯の通過。
もうかなり開いている部分があり緊張する。
こういうところはロシアンルーレットみたいなもので、こっちがいくら注意しても崩れるときは崩れるもの。いやなものです。
暗いのでルートを外さないように慎重に進む。
3時間ほどで6000mのガルガンタ到着。ここはワスカラン南峰と北峰のコル。
とても風が強くて寒いところですが、1パーティーだけがテントを張ってました。
ここから南峰に行かず北峰へ。
こちら側は暖かくてしかもトレースがない。
DSCN2224.jpg
北峰の登り
やはりそれなりに雪が深いところは深く、ラッセルになる。
傾斜がないところほど雪が深く、ワンドイも苦労しそう。
6300mくらいまで上がって、これ以上登っても必要以上に疲労がたまるだけと判断して下山。
あと2時間くらいがんばってラッセルしたら登頂だったかな。。。
ちょっと後ろ髪を引かれる思いでしたが。
まあでも6500mくらいは問題なく行動できることと、5500mくらいの宿泊も問題ないと分かったので
これでワンドイへの備えは十分でしょう。
結局一気にワラスまで戻ってきてしまいました。
IMGP0948-1.jpg
モレーンの小屋から一気にムーショまで下りる道があって、一気に下りました。
こちら地元のポルタドール。めちゃくちゃ強いです。
標高差約1700m。こっちのほうが疲れたなあ。。。荷物も全部担いでたし。
ワラスに戻ってからのPolloとセルベッサが格別!

ページのトップへ