小樽の裏山 パート2 天狗山~オコバチ山~塩谷丸山

今日はまたまた小樽の裏山です。
この前はスキーとスノーシューの混成チームでオコバチ山を往復しましたが、
今日はさらに奥へ進みました。
朝一のリフトで天狗山山頂へ。
シールをつけてオコバチ山を目指します。
2時間弱でオコバチ山頂。
前回よりも近くに感じました。
今日はさらに進み、遠藤山を越えて塩谷丸山へ。
20100202061.jpg
初・山スキーのチームファーストアッセント小樽支部長は、
パウダーに狂喜乱舞気味(笑)
20100202075.jpg
丸山を滑り下りるとやがて集落に出て、そのままスキーを履いたまま道路を滑り降ります。
「まるで子供のころのようだ!」
とのことでした。
道行くおじさんにあいさつしたら、「お~ご苦労さん」って別に珍しくもないんですね。
最後は線路に出ます。
20100202079.jpg
で、本当にここまでスキー履いたままでした!
北海道素晴らしい!
20100202087.jpg
無人の塩谷駅で30分ほど待つと電車がやってきました。
20100202091.jpg
こうやって電車に乗るのって一度やってみたかった!
うれしいです。
もちろん、スキーブーツのままでした。
家を出てから家に戻るまでずっとスキーブーツ・・・
でも車内の人は別に驚きもせず迎えてくれました。
このあたりもさすが北海道と言うべきか。。。
行動距離13キロ、よく歩き、よく滑った一日でした。

コメント
  1. banYa makko より:

    ヂーゼル、い~感じですね!
    公共交通機関を使うことは、エコでもありますのよ!
    プリンプリン、うちらはギブアップでした(笑)

  2. はなたに より:

    今日は完璧公共交通機関でした。
    山がよかったとか以上に、電車で帰ったことがうれしくてうれしくて・・・
    分かりますよね!
    プリン・・・うはは(笑)ギブですか。
    僕は翌日の昼に一人で余裕で平らげました。

ページのトップへ