奥穂高岳南稜と滝谷ドーム中央稜(後半)

後半は滝谷ドーム中央稜をクライミング。

まずは穂高岳山荘から、すっかり秋めいた稜線を北上します。

R0010204.jpg

目指すドームにはまだ光は当たっていません。
滝谷の雰囲気って独特ですよね〜

縦走路から滝谷第三尾根の踏跡を下降して取り付きへ。

R0010205.jpg

最後は懸垂で下ります。

R0010208.jpg

1ピッチ目のチムニー
まだ日が当たらず、指先がとても冷たいクライミングでした。
ザックが邪魔なピッチですが、とても快適なチムニーです。

R0010213.jpg

2ピッチ目上部のスラブ
1歩核心。勇気を持って足を上げよう!

その後も快適なピッチが続きます。

R0010218.jpg

後半もクラックを使いながらの快適なクライミングです。
こんな感じの壁が続きます。

岩が脆い滝谷にあって、ドーム中央稜の岩は比較的安定しています。
それでも取り付きに至るまでは微妙な下降が続きますし、
ルート上も浮石や落石がないわけではありません。
振り返れば大空間が広がる独特の雰囲気があります。
そのあたりの緊張感は、やっぱり山に来ないと味わえません。

個人的には草付きやブッシュが一切ないのがいいなあ。

おまけ・・・

R0010227.jpg

北穂高小屋のお部屋は第三尾根でした・・・

ページのトップへ