パタゴニア通信Vol.6 噴火!?

その昔、FitzRoyは火山と間違えられていたという話があります。
いつも頂上付近に雲を引いていたから。

昨日まで2日間山に入りましたが、初日は1500mの平地で2人とも飛ばされて敗退。
なんとかギアをデポすることはできました。

その日の夕方、見事に雲を引くFitzRoyが・・・

次の日、久しぶりにいい天気になったパタゴニア。
しかしクライミングに出たパーティーは敗退続き。

中途半端な晴天ではクライミングにならないと悟りました。サバイバルにはなるでしょうが・・・
街にいると「登れるんじゃないか」という気持ちが抜けませんでしたが、
今回の偵察で「気長に待てばいいんだ」と納得しました。

荷上げも終わり、あとは好天を待つのみ。
それまでは街でクライミングに専念ですね。

ページのトップへ