冬富士登頂

ヒマラヤから帰国して早くも2週間となりました。
ガイド活動も再開させていただいております。

12月6日〜7日で富士山に行ってきました。
6日は暴風が吹き荒れ、雪上訓練もそこそこに快適な佐藤小屋でゆっくりさせてもらいました。
馬返しから雪の上を歩いてました。

翌日は午前中のみのチャンスをWindGURUが教えてくれたので、山のゴキゲンを伺いつつ頂上を目指しました。
朝5時頃佐藤小屋を出発しましたが、まだ風は強いまま。

8合目付近から上部の様子。この頃には風はおさまり快適な登山となりました。
今度は疲労と低酸素との戦いです。
このところ毎年この時期に登っていますが、こんなに雪が多いのは初めてです。
すでに吉田大沢が浅いです。

風がおさまっている間に登頂できました!
頂上もすでにこんな感じの雪です。

噴火口も真っ白です。
八ヶ岳に寒気の雲がかかり始め、風が吹き始める気配を感じて急いで下山開始!

予報通り午後から強風が戻り、何度も耐風姿勢を取りつつ無事に下山しました。

印象としては、やはりこの時期としては雪が多いと思います。
地元の人も同じ意見でした。
そして風が強い日が多かったためか、7合目〜8合目付近ではかなり硬い雪で氷がむき出しの部分もあります。
同じ場所で事故も発生してますが、やはり確実な歩行を心がけたいものです。

強力をしていた時の経験から、風が息をしているとき、つまり突風が起こりやすい時は特に注意が必要です!

ページのトップへ