北米合宿への思い

本当に久しぶりのブログ更新になってしまいました。

キャシャール南ピラーの初登攀、そしてピオレドールと続く間に、多くのメディアに取り上げていただきました。
僕自身が注目されることは本意ではありません。
できる限り「アルパインクライミング」というものを「アルパインクライマー」から伝えたいという思いで、取材やトークショーをお受けしてきました。
アルパインクライミングの世界をできるだけ「言語化」してお伝えする試みは、まだまだ始まったばかり。
多くの経験を積ませていただいたことに感謝いたします。

しかし一方で、やはり少し多忙すぎたせいか、満足なトレーニングができない状況が続いてしまいました。
自分自身の時間の使い方が下手だったことは否めません。
しかし理由はどうであれ、トレーニングすら満足にできない状況は何とかしなければなりません。

6月11日〜7月25日で北米にクライミング合宿をしに出かけます。
今回は何か新しいことにトライするのではなく、純粋にクライミングを楽しみ、そして何よりも鍛える旅にしたいと思います。
ひたすら岩壁と向き合い、そして自分自身と向き合う時間にしたいと思います。

留守中ご迷惑をおかけしますことをお許し下さい。
クライマーとして、そしてガイドとして再起動するべく頑張ってきます!

ページのトップへ