Superfeetカスタム作成

先日お伺いしたのは北信濃の木島平村。
ここに、Superfeetカスタム作成の名人、水口さんがいらっしゃいます。
コテージ「ナースログ」内に工房があります。

th_image

今回の登山に使う、スポルティバの「オリンポスEVO」に合わせたフィッティングをお願いしました。
フィッティングと言っても、足に合う靴にフィッティングする訳ではありません。。。
これまで同様、今回の登山でも、普段よりもワンサイズ上げた高所靴を使用しています。
理由は高所では足が浮腫みやすいことと、靴の中に空間があることによって血行を少しでも良くするためです。
おまけにノースフェイスの厚手のネップレンソックスを使うので、普通のソックスに比べてますます足裏感覚がなくなります。

th_image-2

しかも今まではワンサイズ上げてもホールド感がしっかりしている「スパンティーク」というブーツだったのですが、
今回の山のルートは日照時間が短い&風が強い西面のクライミングなので、保温性重視のブーツをチョイスしました。
ますますフィッティングが大変です。

そんな靴で時にはデリケートなクライミングをしなければなりません。
少しでも足裏感覚とホールド感を出していただくため、長い時間をかけて作成していただきました。

th_10698563_703195749763727_8332121782328637586_n

完成品を早速靴に入れてみましたが、とても同じ靴とは思えない感覚になりました。
感覚の話なので説明しにくいのですが、少しかかとが浮いてから再び着地した時の感覚がかなり違います。

水口さん、本当にありがとうございました!

コメント
  1. やまもと より:

    ここまでのケアは私には必要ではないのかもしれませんが、いつもながら、先輩の真摯な姿勢にやられます。そして、とても興味深くおもしろい! です。果敢に繊細、勇気と努力。馬力のあるハイブリッド。今回も満足のいく挑戦になること、そして元気なスマイル帰国を心からお祈りし続けます。

  2. はなたに より:

    やまもとさま
    お返事大変遅くなりました!今回はこのカスタムの威力を発揮できずに終わってしまいましたが、またの機会に必ずや。今回は決して満足はしていませんが、もう気持ちは次に向かっています。

ページのトップへ