パタゴニア通信Vol.17 フレイ・その1

バリローチェ近郊にはたくさんクライミングエリアがありますが、
その中でもフレイ周辺は古くから登られている、アルゼンチンのクライミングの殿堂のような場所でした。

街からコレクティーボで30分で冬にはスキーリゾートになるセロ・カテドラルへ。
フレイへの道は人気トレッキングルートでもあるので、道はしっかり整備されていて歩いている人も多い。

チャルテンから北に1500キロ近く移動しているので、気候は日本の北海道あたりに似ているのかな?
とにかくトレイルを歩いていると、ここがアルゼンチンで北部パタゴニアにいるなんて思えません。
森の中を癒されながら気持ちよく歩きました。

そして歩くこと3時間。
こ〜んなすごいところに着いちゃいます♪
ここには山小屋もあって、宿泊も食事もできます。
何がすごいってここでのキャンプは無料!
我々は1週間分の食料を持って入山しました。

そして待っているのが上質の花崗岩!
真下に山小屋見えてますが、小屋からアプローチ5分でこの環境。
ほとんどの岩に遠くても1時間半くらいでアクセス可能です。
ルートも簡単なものから難しいものまで。ショートルートもあれば、200m以上のマルチピッチも。

抜けるような青空に向かって登っていくのは気持ちいい!

でも入山日からなんとなく体調が優れなかったのが、2日目のクライミングが終わると本格的に悪化。
3日目はテントで安静にするハメに、、、
せっかくこんなにいい場所に来たのに・・・
体調管理には気を使っていただけにショックでした。

その2に続く・・・

ページのトップへ