剱岳 早月尾根

大荒れになったG.W後半は剱岳に登りました。

当初は小窓尾根の予定でしたが、天気予報を見て入山を一日遅らせました。
しかし予報はあまり好転せず、小窓尾根を諦めて早月尾根に変更。
さらに降れば冷たい雨か霙ということも明らかだったので、テント泊をやめて小屋泊まりにしました。

早月尾根と言えば「試練と憧れ」
初日は天気予報を受けて、雨が本降りになる前に早月小屋へ。
小屋に到着後雨脚が強くなり、夕方ごろから雪に変わりました。

翌朝早く出発する予定でしたが、視界が悪かったのでしばらく小屋で待機。
モーニングコーヒーをいただいてから6時過ぎに出発。
霧氷がこの通りで、予想通りモナカ状態でした。先行パーティーがラッセルしててくれたので、2600mくらいまでは楽させてもらいました。
そのパーティーを抜いてからは二人旅。。。

晴れそうで晴れない・・・それもまた美しい!

別山尾根と早月尾根の分岐はこの通り。
見事なカチカチのエビの尻尾でした!

どこ、ここ?日本?
という雰囲気の剱岳頂上です。

山頂の祠がかなりはっきり見える状態でした。

お昼ごろに早月小屋に下山できたので、うどんをいただいてそのまま下山。
松尾平付近のカタクリが咲き始めててキレイでした。

コメント
  1. 原 陽子 より:

    ブログ を拝見させて頂きました。
    原 陽子と申します。
    ご協力をして頂けるのでしたら、教えて頂きたいのです。
    突然過ぎて大変、申し訳ないですが、私の友人が5/1〜剣岳に登山に行ったまま不明でして、9日の今朝から捜索を開始しています。男性、身長178cm、やせ形、色白、登山の途中で人とすれ違う時は、挨拶をするひとです。 
    写真をメールで見て頂けるのでしたら、私のメールに返信を送って頂けますでしょうか?
    宜しくお願い致します。
    ブログについてのコメントで、無くて申し訳ないです。
                                      | 原 陽子

ページのトップへ