テンギ・ラギ・タウ峰2014登山隊より

ご無沙汰しております。
登山隊は本日ナムチェバザールまで下山いたしました。

結果から申し上げますと、今回は敗退です。

10月下旬にパルチャモ峰の登頂(高所順応登山)とテンギ・ラギ・タウ峰の西壁の偵察を行いました。

この時点で感じたことは、10月中旬のサイクロンによる大雪の影響が少なくないと言うことでした。明らかに雪が多く、ルート上にも不安定そうな雪が続いているように見えました。

実は僕はこの偵察でしっかり山を観察した上で、今回の登山の中止を考えました。しかしパートナーの鈴木くんと相談して彼の「挑戦したい!」という強い気持ちを受けて、僕も覚悟を決めました。最高の登山をしてやろうと。

11月6日、ベースを出発しました。しかし出発直後から鈴木くんの体調が思わしくなく、いったん下山。その日はレストにしてしっかり休みました。

翌日は大丈夫とのことで、改めて出発。しかしこの日も途中から彼のペースが落ち、予定の行動をこなしても万全の状態で壁に取り付くことはできないと判断して、途中(テシラプチャ)で幕営。ここで再び話し合った上、大事をとって登山を中止した次第です。

何度もヒマラヤ登山をした中で、山に触れずに帰ってきたのは初めてです。しかし、長く続けているとこう言うこともあると今は納得してます。もちろん悔しい思いはありますが、一番悔しかったのは鈴木くんだと思いますし、何より今回は山とのご縁がなかったのだと思います。
なお、鈴木くんはその後回復して、一緒に行動できています。

サポートしていただいた皆様、良い結果が出せず申し訳ありませんでした。しかし僕の登山はまだまだ続きますので、引き続きご支援いただけたら幸いです。帰国後改めてご挨拶いたします。

皆様、ありがとうございました。

花谷泰広

ネパールに旅立ちます

今夜よりネパールに旅立ちます。

現地にはPCは持っていきませんが、ナムチェ・バザールまでは不自由ながらwifi環境がありますので、
それまでは出来る範囲でFacebookやTwitterにて現地より写真等をアップいたします。

留守中はご迷惑をおかけいたしますが、お仕事のお問い合わせをいただいてもすぐにはお返事できません。
こちらもネット環境に戻り次第お返事をさせていただきます。
なお、お申し込みにつきましては、帰国後より募集を再開させていただきます。
(空き日程等につきましては、日程表をご覧ください)

ご迷惑をおかけいたしますことをお許し下さい。

帰国は11月24日の予定です。

では行ってきます!

Superfeetカスタム作成

先日お伺いしたのは北信濃の木島平村。
ここに、Superfeetカスタム作成の名人、水口さんがいらっしゃいます。
コテージ「ナースログ」内に工房があります。

th_image

今回の登山に使う、スポルティバの「オリンポスEVO」に合わせたフィッティングをお願いしました。
フィッティングと言っても、足に合う靴にフィッティングする訳ではありません。。。
これまで同様、今回の登山でも、普段よりもワンサイズ上げた高所靴を使用しています。
理由は高所では足が浮腫みやすいことと、靴の中に空間があることによって血行を少しでも良くするためです。
おまけにノースフェイスの厚手のネップレンソックスを使うので、普通のソックスに比べてますます足裏感覚がなくなります。

th_image-2

しかも今まではワンサイズ上げてもホールド感がしっかりしている「スパンティーク」というブーツだったのですが、
今回の山のルートは日照時間が短い&風が強い西面のクライミングなので、保温性重視のブーツをチョイスしました。
ますますフィッティングが大変です。

そんな靴で時にはデリケートなクライミングをしなければなりません。
少しでも足裏感覚とホールド感を出していただくため、長い時間をかけて作成していただきました。

th_10698563_703195749763727_8332121782328637586_n

完成品を早速靴に入れてみましたが、とても同じ靴とは思えない感覚になりました。
感覚の話なので説明しにくいのですが、少しかかとが浮いてから再び着地した時の感覚がかなり違います。

水口さん、本当にありがとうございました!

ページのトップへ